2008/09/05

鬼平に惚れた

鬼平犯科帳〈1〉 (文春文庫)
鬼平犯科帳 文庫本全24巻、読み終えました。終わってしまうと寂しいもんです。最終話は池波さんが亡くなられたので、未完のまま。 鬼平こと長谷川平蔵の亡くなるまでの生涯を書くつもりだったのかなあ、と思うと残念でならない。 どの話も読み応えのあるものばかりで、本当に面白いです。

特に長谷川平蔵という人物が素晴らしい。実在した人ですが、そんなに資料が残っていたとは思えないので、 池波さんの創作によるものが大きいのでしょうが、器のでかさに感服します。もう私の中では上司にしたい人NO.1は不動の地位です。

鬼平以外の登場人物もそれぞれが魅力的で、絶妙なバランスです。
機会があれば、是非読んでみてください。


タグ:鬼平犯科帳

にほんブログ村 ランキング

この記事へのコメント

コメントを書く

※質問は該当するテンプレート記事へお願いします。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

名前 *
メールアドレス
URL
コメント *
認証コード ※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。