2008/02/06

久しぶりに更新

久々の更新となってしまいました。更新しなかった理由は体調を崩した訳でもなく、読書とゲームに嵌まっていただけの事です。パソコンもたまにしてたのですが、ブログの更新はまた今度と延ばしていたらこんなに日にちが経ってしまいました。

そんな状態でもアクセス解析を見てみると、検索で来てくれる人は少なく無く、何だか申し訳ない気持ちになりました。そろそろテンプレートの作成の方に取り掛からねばいけませんね。

嵌まっていた読書は、以前宮部みゆきさんの時代物小説を読んで興味がでたので、また母に借りて今度は藤沢周平さんの本を読んでみました。まず始めに 隠し剣孤影抄隠し剣秋風抄 を読んでみたらこれがとても素晴らしい!短編集なのですが武士の悲哀に満ちた話に、それぞれが「隠し剣」なる剣技をもっていてその描写がこれまた素晴らしい。

その中の一つ盲目の剣士の話が映画「武士の一分」になり話題を呼びました。映画が決まった時、母がえらくご立腹の様子で「そんなに怒らんでも…」と思っていましたが、今回読んでみて母の怒りが理解できました。確かに木村拓哉じゃないし、短編は短編の良さがあり2時間程度の話にしてしまうのはどうかなと言う気もします。・・・まあでも私は映画をみてないので愚痴はこの辺で留めておきます。

その後も短編を数冊と 獄医立花登シリーズ を読み、今は 用心棒日月抄 から始まるシリーズの3作目を読んでいます。これはちょっとユーモラスな面もありとても面白いです。まだまだ母の書棚には藤沢作品があるので、しばらくはこの読書も終わりそうにありませんが、読書と並行してこのサイトもぼちぼち始動いたします。


にほんブログ村 ランキング

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。